和室の床板から寒い風がくるときの対策法

冬になると和室の床板から寒い風がくるなんて感じた事はないですか?

ここでは、弊社で実際に工事をしたS様の事例を元に、「和室の床板から寒い風がくるときの対策法」をお伝えします。

S様は、「和室で寝起きしていたけど、床から冷たい空気が来るのと、部屋全体を暖かくして洋室に変えたい」と仰っていました。

その和室がどのように変身したかというと。。。

ビフォー
寒い和室

アフター

洋室にリフォーム

 

S様が抱えられていた和室の床板が寒い風が来るというお悩みと問題点

奥様が和室で寝起きされていたが、床からの空気が冷たく感じて、ぐっすりと眠れない

隣のお部屋を以前改装して洋室にしたが、和室も痛みがひどく気になる

汚たふすまも何とかしたい

家の西側が山で、日が当たらずに寒い状態になっている。

この和室に対する処方箋

株式会社 凜家 吉仲

こんにちは。株式会社 凜家の代表の吉仲正実です。今回は S様のお話です。

S様はお家は築30年以上と古いお家でした。奥様が和室で寝起きをされていたのですが、床から冷たい風が吹いてきて、ぐっすり眠れないという事と、ふすまも傷んできたので、思い切って洋室に変えたいという事でご相談頂きました。

S様は以前、和室の隣の部屋を洋室に改装いたしました。新しくなった、お部屋と今の和室を見比べて、気になっておられたそうで、和室も同じように洋室にしたいという想いもお持ちでした。

この寒い和室の問題をどうやって改善したのか?

解決ポイント1 断熱材を使わずに、床からの寒さを防ぐ二重床とは?

S様は床から寒い空気が来ることをとても気にされておられました。以前は畳が敷いてあったのですが、畳をひっぺ返すと床板の状態になります。床板は細長い板を1枚1枚貼ってつくられています。そのため、板と板の間の隙間から冷たい風がくるという状態でした。

和室の床板の隙間から冷たい風がくる

また、お家は築年数が随分とたっていた古いお家でした。そのため、床板が下に向かって湾曲して、まっすぐな状態ではありませんでした。工事前の段階ではまだ大丈夫でしたが、放っておくとどんどん曲がってきてしまいます。歩くのがとても不安な状態になるところでした。

フローリングを貼る

そこで、調整材(ベニヤ板やナイロンテープ)等を入れ込みながら、ビー玉がころがない程度に床を真っ直ぐにしました。そして調整材の上にさらにフローリングを貼る事によって、二重の床を作りました。

こうして、ベニヤ板+フローリングという二重床にすることによって、断熱材を入れなくても床下から冷たい空気がくるという問題を防ぐ事ができました。畳からフローリングにする事で掃除機もかけやすくなり、毎日のお掃除も随分と楽になられました。

部屋が寒くなる原因は実は壁だけではありません。最も大きな原因があります。こちらの記事を参考に寒さ対策を考えてみて下さい。

プロが教える、窓の冷気「コールドドラフト」の対策とは?

解決ポイント2 土壁を利用して、洋室に早変わりする方法

土壁でできていたS様邸

S様のお家の壁は土壁でできていました。そのため、壁を壊すとなると、とても大掛かりな工事になってしまいます。

また、土壁の痛みはほとんどなく、まだまだ使える状態でした。そこで、土壁を残してその上からプラスターボードという石膏でできた板を貼っていきます。プラスターボードは、防火の効果と、騒音をさえぎる効果を持ち合わせいます。

プラスターボードの上にクロスを貼る

そして、プラスターボードの上にクロスを貼る事で、洋室に早変わりです。

実はS様の娘さんにお子様が生まれるという事で、しばらくの間、お隣の部屋で過ごされるという事でした。そのため、少しでも娘さんに気を使わせることなく子守ができるように、完全な遮音や防音ではないものの、プラスターボードで簡単な防音をすることができます。

既存の壁を利用して洋室に変わりました

こうして、既存の壁を利用することで、大掛かりな工事をすることなく、洋室に早変わりしました。

解決ポイント3 風が吹くとうるさい扉を、静かに開け閉めできるように

S様の以前の和室は、格子状のガラスの建具でした。

和室の格子状のガラス

この格子の建具だと、「風が吹くと、ガシャガシャ音がして、とてもうるさいの。」という事でした。また、お孫さんが生まれるという事から、あまりうるさい音だとビックリしてしまうのではと言う懸念もありました。

また、この建具が東側に面していました。そのため、扉をつけかえる場合、できるだけ大きくして日の光を取り入れたいという想いをお持ちでした。

日の光が入る洋風の窓に変わった

そこで、建具を付けられる限界の位置まで大きく広げ、日の光も十分に入ってくるように、全面をシースルーの窓にしました。

こうして、風が吹いてもガラスでガタガタうるさいのが気にならなくなり、日の光が十分に入るようになりました。

コメントを残す

*