外壁塗装の塗料の4つの種類と各種のメリット・デメリット

塗料の種類
築10年もたつと外壁塗装をした方がよいかな?と考える人もおられる事でしょう。また、外壁塗装を考える時に、どんな塗料があって、どんな種類があるのか?と疑問を持たれる方もおられます。

そこで、今回は外壁塗装の塗料の4つの種類と各種のメリット・デメリット についてお伝え致します。

外壁塗装をする時の塗料の種類は?

外壁塗装を考えた時に、最もきになるのは、どんな塗料を使うか?ということですよね。色々な塗料メーカーから、様々な種類の外壁塗装の塗料の種類が提供されています。あまりにも種類が多いと迷ってしまいますよね。

そこで、素人の人でも分かるように簡単に塗料の種類をまとてみると、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料というように、外壁の塗料は大きく分けると4種類に分かれます。最近では、さらに光触媒塗料も注目を集めています。

次にそれぞれの特徴をみて行きましょう。

アクリル塗料の特徴

まずは、アクリル塗料から。

アクリル塗料は、文字通りアクリル系の合成樹脂によりコーティングする塗料です。

塗料の種類の中では最も価格が安いのが特徴です。15~20年前まではよく使われていました。

大きな特徴としては、他の塗料よりも安いという事です。あとは、発色が良いという事もあげられます。

欠点として、防汚性(汚れを防ぐ性能)はほとんどなく、耐久性が6年~8年程度しかありません。つまり、外壁の塗り替えの頻度が多くなるという事です。

また、耐久性が低いため、屋根の塗装にアクリル塗料を使う事はおすすめできません。

ウレタン塗料の特徴

次はウレタン塗料についてです。

ウレタン塗料とは、ウレタン樹脂によりコーティングする塗料の事です。

メリットとしては、光沢感が出るので外壁に煌びやかな印象を与えます。

また、その特徴として耐候性が高く塗膜が柔らかいのでひび割れに強いです。※耐候性とは、平たく言うと劣化しにくく、変形や変色をおこしにくいという事です。

耐久年数はおよそ、7年~10年ほどで、アクリル塗料と大差がありません。

欠点としては、塗料の中に含まれている成分に、強い毒性がある事です。また、紫外線の影響を受けて、変色しやすいというデメリットもあります。

シリコン塗料の特徴

シリコン塗料とは、アクリル樹脂とシリコン樹脂を反応させた塗料で、現在利用されている外壁の塗料の中でもっともポピュラーな塗料です。

メリットとしては、耐久年数が10年~15年あるので、頻繁に外壁塗装(塗り替え)をする必要が無いことです。

また、遮熱機能があるシリコン塗料もあるので、暑い夏でも涼しく過すことができます。他にも、防汚性が高いので、外壁が汚れにくく、いつも綺麗な状態を保つことができます。カラーバリエーションも豊富なので、塗料としても選びやすいのがその特徴です。

欠点としては、外壁の付着性がウレタンよりも劣ることです。これは、塗料じたいがウレタンよりも硬いため付着しにくいと言われています。とはいえ、下塗りをきっちり行えば問題はありません。きっちり下塗りをしてくれる業者さんを選ぶことが大切です。

シリコン系の塗料を使った外壁塗装の事例を知りたいという場合はこちらをご覧ください。

外壁塗装をして、家の壁の雨漏りを防ぐ方法。

フッ素塗料の特徴

フッ素塗料は、フッ素樹脂によりコーティングする塗料の事です。

メリットとしては、耐久年数が15年から20年ほどと言われており、他の塗料に比べて圧倒的に長持ちします。

外壁への付着性がよく、長期間にわたり紫外線や風雨などから外壁を守ってくれるのもその特徴の一つです。

また、フッ素塗料には、カビや藻の発生を防いでくれる特徴をもつ塗料が多いのもその魅力の一つです。

欠点としては、耐久年数が高い反面、値段もそれなりにするという事です。

とはいえ、長期的にみると、何回も外壁の塗り替えを行うよりお安くなる可能性もあるので、検討の価値はあるでしょう。

まとめ

ここまでに、外壁塗装の塗料の4つの種類と各種のメリット・デメリット についてお伝えしました。

それぞれの、メリットデメリットをざっくりお伝えしましたが、最も良いのは地元のリフォーム会社さんか、塗装屋さんに聞いてみるのが最もよいです。

あなたの生活環境やご予算、外壁の状態などから最も良い提案をもらう事が大切です。

一番気を付けて頂きたいのは、外壁塗装を訪問販売してくる業者です。訪問してくる人がアルバイトの可能性もあるので、知識に乏しく失敗する可能性があります。

また、塗りに来る職人さんに当たり外れがあるので、失敗する可能性が高いです。

頻繁に職人さんが入れ替わるような会社は、職人さんと長期的なお付き合いができていない会社であることが多いです。職人さんが長く居着かないという事は、職人さんのやる気や能力が十分に発揮できない会社である可能性が高いです。

つまり問題が起きやすい会社であると言えます。

なので、外壁塗装で失敗しないためには、職人さんと何年ぐらいの付き合いがあって、担当者と職人さんの人間関係ができているかどうかという事もチェックポイントとして見ておきましょう。

コメントを残す

*