プロが教えるアイランドキッチンのメリットとデメリット。

アイランドキッチン新築を建てる時に、キッチンをどうしようかなと考えていると、アイランドキッチンなんていいんじゃないかな?と思う人も中にはおられるでしょう。

住宅展示場やモデルハウスなどで、おしゃれでカッコ良く置いてあるので、憧れますよね。

ですが、アイランドキッチンは、おしゃれな反面デメリットもあります。

そこで、今回はアイランドキッチンのメリットとデメリットについて、お話したいと思います。

そもそも、アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンを考えた時に、対面キッチンとどう違うの?なんていう疑問を持たれる方も少なくありません。

アイランドキッチンとはそもそもどういうキッチンの事を言うのか?

まずは、キッチンの配置方法の1つで、I型のキッチンのように壁に沿っているタイプではなく、キッチンが壁から離れて独立して設置してあるタイプのキッチンを言います。

調理台が、島のように独立していることから、アイランド(島)キッチンと呼ばれています。

壁を向いて調理するのではなく、リビングを向いて調理をする事から、対面キッチンのうちの一つと考えてもよいでしょう。

よくある対面キッチンとの違いは、アイランドキッチンの場合、キッチンの両サイドが通れる状態かどうかという事です。

片側は壁があると言う場合は、どちらかと言うと対面キッチンと呼ばれる事が多いです。

また、対面地キッチンとアイランドキッチンの大きな違いは、キッチンカウンターがあるかどうか?ということです。後程お伝えしますが、これとても大きなポイントです。

対面キッチンについてはこちらの記事が参考になります。

【実例あり】対面キッチンの3つのメリットデメリットとは?

アイランドキッチンのメリット

次に、アイランドキッチンのメリットについてお伝えします。

アイランドキッチンのメリットと言えば、何と言ってもオシャレなところです。

キッチンだけ、ドンと独立してあるので、まるでシェフのような気分で調理をする事ができます。お料理が楽しくなるという事ですね。

自宅で友達を読んでパーティーをする時などに、おしゃれなレストランにいるかのように演出もできるので、友達に自慢できることでしょう。

キッチンからリビングが広く見通せるので、小さなお子様がおられるご家庭では、死角もほとんどないので、安心して家事をする事ができます。

ご家族とのコミュニケーションも取りやすいので、孤独感を感じなくて済むのも、アイランドキッチンのメリットの一つです。

アイランドキッチンのデメリット

次にアイランドキッチンのデメリットについてです。

アイランドキッチンの欠点はというと、キッチンの上に置いてあるものが全て丸見えになるという事です。

調味料。洗剤、スポンジ、まな板、食器、調理器具。すべてが丸見えになってしまいます。

丸見えになる事のデメリットは、急な来客がった時などに、お客さんの目に入ってしまうという事です。

そんなことから、いつもアイランドキッチンにすると、きっちの上はいつもきれいにしていないといけない状態になります。

また、アイランドキッチンはお部屋の場所をとってしまうので、リビングダイニングがそれほど広くない場合はあまり向いていません。

価格も、通常よりも高くなります。

アイランドキッチンの最大のデメリットとして、冒頭でお伝えしたカウンターが無いことです。

対面キッチンの場合、キッチンの全面に、キッチンより20センチほどの立ち上げた壁を作る事が大半です。その壁がカウンターにもなっています。

このカウンターが、調味料や洗剤や調理器具などの目隠しの役割も果たしています。

また、洗い物をする時に、ついつい水が飛び散ってしまっても、壁が防いでくれます。

アイランドキッチンには、このカウンターの壁がないため、水が飛び散ると床まで落ちてしまうので、あとで床掃除をしないといけないなんて事もあります。

また、キッチンが汚れいていると、汚れも見えてしまうというのも欠点の一つです。

キッチンをより使いやすくするにはこの記事が参考になります。

【実例】使いやすいキッチンに変える為の4つのポイント

アイランドキッチンはどんな人に向いているか?

ここまで、アイランドキッチンのメリットとデメリットをお伝えしてきました。

結局アイランドキッチンはどんな人に向いているのか?

まずは、アイランドキッチンはレストランのような雰囲気を醸しだすことができるので、インテリアにこだわっている人にはとても良いでしょう。

また、綺麗好きで、整理整頓が得意な方にとってはアイランドキッチンは向いているでしょう

反面、いつも仕事で忙しいので、キッチンを頻繁に掃除をしている暇がないという人にとっては、少し窮屈かもしれません。

他にも、整理整頓が苦手だったり、調理道具や食器などの物でキッチンが溢れかえる人にとっては、アイランドキッチンよりも対面キッチンの方が生活がしやすでしょう。

今回の記事を参考に、あなたにピッタリと合ったキッチンを選んでみて下さいね。

コメントを残す

*