冬でもお風呂のお湯を冷めにくくする方法

冬になると、お風呂のお湯がすぐにさめてしまうという話を良くみみにします。ここでは、U様の事例を元に「冬でもお風呂のお湯を冷めにくくする方法」についてお伝え致します。

今回ご紹介するのは愛知県新城市にお住まいの冬でもお風呂が冷めにくなったU様です。

U様は、「築45年で、お風呂が寒くて狭くてリラックスできないのと、汚れが目立つのでなんとかしたい」と仰っていました。

そのお風呂がどのように変身したかというと。。。

ビフォー

冷めやすいお風呂

アフター

冷めにくくなったお風呂

 

U様が抱えられていたお風呂のお悩みと問題点

冬場になると、お風呂がとても寒くなり、寒さを我慢して入らないといけなかった

お風呂が狭く、足が延ばせずに仕事の疲れが取れなかった

浴槽がステンレスでできていて、すぐにお湯が冷めてしまう。

ステンレス製の浴槽なので、お湯が使っているところは暖かいが、お湯に使っていな所が背中や首に当たると冷たくて、もたれられない

山の近くにお家があり、お風呂の窓が2か所あるため、すぐに外の寒さが浴室内に伝わってくる

お風呂に入るためにお洋服を脱ごうとした時に、身体の硬い人だと脱ぐのに大変なぐらい狭い洗面所だった

洗面所が狭く、脱いだお洋服は地べたにおいておかないといけない状態だった

このお風呂に対する処方箋

株式会社 linker吉仲

こんにちは。株式会社 linkerの代表の吉仲正実です。今回は、リクシルのお風呂に変えて、冬でもお湯が冷めにくなったU様のお話です。

U様は初め、洗面所とお風呂が狭いのと、冬場にお風呂に入るのが寒くてしかたないので、何とかならいでしょうか?という事でご相談頂きました。

U様のご家庭は3人家族でしたが、娘さんが働き盛りの方でした。そんな娘さんが、お父様・お母様に対するささやかなプレゼントとして今回、浴室のリフォームをしようという事になれたそうです。

状況を確認させて頂くと、畳1枚もないほどのお風呂で、洗面所も狭く非常に窮屈な思いをされているという状況でした。

たまに、業者さんに連絡すると「柱が動かせないのでこれ以上広くできない」と言われる事もあります。実はよく調べれば、こんな風に柱を動かす事もできます。

狭いお風呂リフォームして、快適な浴室に変える方法

寒い洗面所と浴室

また、浴室が寒くなるという事で悩まれていました。浴室が寒くなる主な原因は窓にあります。窓は一番薄いものなので外の冷気が最も伝わりやすいのです。

U様のお宅では、そんな冷気を伝えて浴室が寒くなる窓が、2つもついていました。

窓が冷気をお風呂に送り込む

また、壁を見ると、モルタルで作られていました。このモルタルの壁一面に、カビが生えてしまっていて、擦ってもこ擦ってもとれない状態でした。

お風呂に生えたカビ

このようにカビが生えてしまうと、カビ菌が繁殖してしまいもう取れなくなってしまっていました。

築20年ほどのお風呂だとシステムバスではなく、在来工法のお風呂である事が多いです。床や壁がタイルで出来ている場合は在来工法のお風呂と言っても良いでしょう。在来工法だと、特にタイルの掃除がとても大変ですよね。どうすればお風呂掃除が楽になるのか?こちらの記事を参考にして下さい。

在来工法のお風呂をリフォームをして、タイル掃除を不要にする方法

この問題をどうやって改善したのか?

解決ポイント1 足を延ばして仕事の疲れも取れるようになりました

寒いお風呂を施工する
U様のお悩みは、まずはお風呂がとても狭いという事でした。そこで、現状の壁を取り除き、システムバスが入る大きさまで広げました。

暖かいシステムバスに変える

さらに、今までのものより、お風呂を置く方向を変える事により、リクシルのロング浴槽という長いタイプの浴槽を入れる事ができました。これで、仕事から帰ってき、足を延ばしてリラックスしながらお風呂に入る事ができます。

また今回のリクシルの浴槽は、サーモバスと言って魔法瓶のような効果がある浴槽を使いました。お湯の温かさを長く保つことができるので、ご家族同志で時間差がある方にとっては、とても便利な浴槽となっています。

また、システムバスなので、以前のように壁にカビ菌が繁殖するという心配もなくまりました。

解決ポイント2 断熱効果のある窓をつけて、冬でも暖かくお風呂に入れる

寒さの原因を作る窓

壁のなかでも窓は一番薄く、外の寒い空気が最も伝わりやすい場所です。U様のお風呂は、そんな寒さの原因を作る窓が2つある状態でした。

また、ご自宅が山の近くにあるので、外がとても寒くなる状態でした。ただでさえ山の近くで寒いというのに、さらに窓が2つあるので、冬場のお風呂はU様にとってとても苦痛な状態でした。

お風呂に断熱材を入れる

そこで、今回、断熱材を浴室の壁一面に入れ込みました。こうする事で壁から伝わってくる寒さを防ぐ事ができ、冬でも寒くないお風呂に変わります。

ペアガラスタイプの窓

また、窓はペアガラスタイプのものにする事で断熱効果を発揮する事ができます。普通の窓はガラス1枚でできているので、外からの寒さがとても伝わりやすいです。しかし、このペアガラスタイプのもは二重になっていて、ガラスとガラスの間に空気の層があるので、寒さが伝わりにくい窓がらすになっています。

浴室の壁に断熱材を入れるのと、窓ガラスをペアガラスにすることで、U様がなやまれておられた冬のお風呂が寒いという事もなくなりました。

解決ポイント3 洗面所が広くなり、洗濯もしやすくなりました

狭い洗面所

U様のお家のお風呂の洗面所は、とても狭くお風呂に入る時に、服を脱ぐのがやっとの状態でした。脱いだ服を置いて置く場所もなく、床に置いてかないといけない状態でした。

また、洗濯機を置くスペースもありませんでした。特にU様のお家は、洗濯機は家の外にあり、脱いだ服を、外にある洗濯機までもっていかないといけないという、非常に面倒な状態でした。

広くなった洗面所

そんな洗面所を、広く広げる事で洗濯機が置けるようになりました。脱いだ服も地面に置かずに、そのまま洗濯機の中に入れる事ができます。

新しくなった洗面所

また、取付けました洗面台は、壁から蛇口が出ているタイプのものを取付けました。というのは、通常のタイプのものだと、蛇口の周りが台座になっていて石鹸などが置けますが、反面、水はけが悪く、手を洗った時に水が飛び散って、水垢が残り掃除がとても面倒になってしまいます。

そこで、この壁から出ているタイプのものは、水は全て洗面台の中の排水溝に向かって流れて行ってくれます。これで、お仕事で忙しいU様でも、お休みの日は手間のかかる掃除の時間を減らすことができ、安心して外出する事ができるようになりました。

今回使った商品:
リクシル アライズ 1216サイズ(0.75坪タイプ)
カラー:浴槽 ピンク(FRP)
壁パネルアクセント張り:オンダガタライトペール
サーモバス・1200ロング浴槽 水栓:クランクレス水栓他

コメントを残す

*