キッチンリフォーム中の生活はどうする?食事のとり方3つのポイント

キッチンをリフォームするキッチンのリフォーム中の生活をしたいと考えた時に、生活をしながらの工事だと、いったい食事はどうやってとれば良いのか?疑問に思った事はないでしょうかでしょうか?

今回は、キッチンのリフォーム中の生活はどうする?食事のとり方3つのポイントついてお伝えします。

キッチンのリフォーム期間はどれくらい?

キッチンをリフォームをしたいと思うと、リフォーム中のお料理はどうしたらいいのか?いったいどの程度我慢すればよいのか?仮住まいじゃないといけないの?などと色々な疑問点が出てくるかと思います。

基本的に、キッチンのリフォーム工事は住みながらの工事になります。なので、工事中にお料理を使用にも、ガスもコンロもシンクも使えなくなってしまいます。

いったいどの程度の期間、工事が終わるのを待たないといけないのだろう?と思いますよね。

端的に言うと、キッチンリフォームにかかる工事期間は、業者さんにもよりますが、1週間~10日ほど見て頂けるとよいです。これはあくまで、キッチンを全部変えたとしたらの話ですが。一部分の設備だけを変えたいとなると、2から3日程度で済みます。

キッチンのリフォームの工事期間について詳しくはこちらをご覧ください。

キチンのリフォームをしたい場合、期間は何日かかるの?それは、、、

ですが多くの人は、キッチンリフォーム工事となると、全体をやり替えたい人が多いです。そうなると気になるのが、どうやってご飯を食べようか?という事ですね。

キッチンリフォーム中の生活方法は?

そこで、どうやって生活していけばよいのか?どうやってご飯を食べればよいのか?どうやってお料理をすればよいのか?などの生活の疑問が出てくるかと思います。

ここから、キッチンのリフォーム工事期間中にお料理をする方法についてお伝えします。

ポイント1 冷凍食品やお惣菜を買ってくる

キッチンのリフォーム工事が始まると、リフォーム中は調理場は一切使えなくなってしまうので生活がしにくくなります。そこでどうやってお食事をとればよいのか?

最も簡単なのは、やはり冷凍食品です。最近では、コンビニでもチンするだけでレストランに出てくるかのようなパスタなども売っているので、かなり便利です。チンするだけでできる餃子などもあります。ご飯もチンするだけのごはんを使えばひとまずは食事をとる事ができます。

冷凍食品が嫌な場合は、スーパーなどに売られているお惣菜を買って帰るのよいでしょう。お惣菜と言っても工場で作られたお惣菜と、スーパーの中で作られたお惣菜があります。

この2つを見分けるポイントとして、フタを見て下さい。フタが高くて、お料理と蓋との空間に余裕があるタイプがスーパーで作られている物です。フタが低くて、お惣菜が崩れないようにしているのが、工場で作られたものです。

このように、冷凍食品やお惣菜などで食事の費用も安くてすむので、リフォーム中でも生活には困らないでしょう。

ポイント2 自炊をする時のポイント

しかし、費用が掛からないとはいえ、毎日冷凍食品を取るのもなんだか体に悪そうだし、気分も滅入ってしまいますよね。やはり奥さんの手料理を食べたいものですよね。

そこで重宝されるのが、ホットプレートです。最近では、平べったいプレートだけでなく、お鍋もついているホットプレートなどがあります。なので、煮物もできますし、炒め物もできます。

また、IHだと料理がしにくい人は、キャンプをする時などに使うガスコンロを使う事で、コンロの代用ができます。1つしか使えないのが弱点ですが、ないよりはましですね。

お水に関しては、洗面所やお風呂を上手に使うなどをすれば、野菜なども洗えます。洗面所やお風呂で野菜を洗いたくないという方は、ミネラルウォーターを買ってきて洗うというのも一つの手ですね。

お味噌汁などは、カップ入りのものや、お湯をかけるだけのものがあります。電気ケトルとミネラルウォーターさえあれば、いつでも美味しいお味噌汁を飲むことができます。

ポイント3 主婦業も休日にして外食をする・出前を取る

ポイントの3つ目は外食・出前です。外食すると当然高くついてしまいます。ですが、毎日外食ではなくても、1日か2日だけ外食と言う形にすれば、いつもと変わりなく過ごして頂けます。主婦に休日はないと言いますが、この機会に主婦さんも休日をとるというのも良いでしょう。

比較的安く済まそうとすると、食堂がお安くて済みます。お店にもよるでしょうが、1食600円から800円ほどになるでしょう。

また、外食するのが面倒だとか、時間がないという場合は、出前を取るのも一つの手ですね。最近では、レストランも出前のサービスをやっているので、中華やピザやお寿司だけでなく、洋食も出前で撮る事ができますね。

この機会に、主婦業もお休みをいただいて贅沢するというのも良いでしょう。

ご近所に息子さんや娘さんがお住まいなら、ご一緒されるのも一つの手でしょう。

まとめ

キッチンリフォームの工事期間と過ごし方についてお伝えしました。

今回は、簡単にできる方法をお伝えしましたが、いざキッチンのリフォーム工事を始めるとなると、もっとたくさんの問題がでてきます。

どう過ごすのかも大事ですが、「どのように過ごさせてくれるのか?」という目線で業者さんを選ぶことは最も重要です。

なにも考えてくれていないと、多大なストレスがかかってしまい、リフォーム工事そのものが良いものになりません。なので、ご依頼する業者さんがキッチンリフォームの工事期間中にどのように過ごせばよいのか、きちんと具体的に教えてもらえる業者さんを選んでくださいね。

くれぐれも、商品の説明だけで契約なさらないようにご注意ください。

コメントを残す

*