ガレージを建てて愛車を猫のイタズラから守る工事 | 愛知県豊橋市 Y様邸

今回ご紹介するのは豊橋市にお住まいの愛車を猫に汚されないようにガレージを建てられたY様です。

Y様は、「愛車のスカイラインを外に置いていたら、ボディーに猫の足跡がついて困っていて…」と仰っていました。

どのように対策したかというと。。。

ビフォー

豊橋市Y様邸ガレージビフォー

アフター

豊橋市Y邸ガレージアフター

Y様が抱えられていたお悩みと問題点

車を野ざらしの状態で止めていなければならなかった

 猫が、車のボンネットや屋根に乗り、足跡が付いてしまう

 カーポートでは猫対策にならないので、ガレージを付けたい

このお家の問題に対する処方箋

m_yosijpg

こんにちは。株式会社 凜家の代表の吉仲正実です。今回は、愛車が猫の足跡まみれになって困っておられたY様のお話です。

ご相談頂く前に、Y様は「愛車を外に停めていると、猫が車のボンネットや屋根に乗って足跡だらけになる。」と悩んでおられました。

そこで「ガレージを作ってもらないだろうか?」という事で、弊社にご相談頂きました。

現地調査に行って、Y様のご相談を伺い、実際に車を止める予定の土地を見てみると、コンテナがおいてあったり、植木も植えられている状態でした。

このままだと、ガレージを作るのにも困難になってしまます。また、ガレージができたとしても非常に出入りがし辛くなってしまいます。

そうならないために、Y様には、ガレージを作るのと同時に車の出入りがしやすいように、土地の出入り口(開口部)も広げてはどうかという事をお伝えさせて頂きました。

この問題をどうやって改善したのか?

解決ポイント1 ガレージを建てて、愛車を猫から守る工事

Y様の一番のお悩みは、何といっても愛車を猫から守りたいということでした。そこで、お持ちの土地にガレージを建てたいというご希望をお持ちでした。

植木が邪魔

しかし、この状態では、植木やコンテナがあり、車を入れられるほどのガレージを作る事が難しい状態でした。

そこで、ガレージを作れるように植木とコンテナを撤去して頂きました。植木とコンテナの撤去は、ご自身でされたのでその分コストを抑える事もできました。

豊橋市Y様邸ガレージ完成

ガレージの周辺は、土の状態だと雨が降った時に、泥だらけになってしまいます。歩くと靴に泥がついてしまい、泥のついた靴で愛車を乗り降りしないといけなくなります。

また、出入りするときもタイヤに土がついてしまい、前の道路を汚しご近所迷惑を気にしないといけないなんていう事も起きてきます。

そうならないために、敷地内はクラッシャーラン(石やコンクリを砕いたもの)を敷き詰める事によって、泥だらけになるのを防ぎました。

解決ポイント2 ガレージの中に雨水が入ってこないようにする工事

他にも、お客様ご自身では気付かない点として、ガレージの中に雨水が入ってこないようにする処置をしました。

ガレージに雨水が侵入する

例えば、上の絵のようにガレージ内と、外のコンクリートにつながる部分がフラットの状態だと、雨が降った時に雨水がガレージの中に入り込んでしまう可能性があります。

そうなると、屋根で雨を防いでいるにも関わらず、ガレージ内の地面がびしょ濡れになってしまいます。靴も濡れてしまい、車の中に入る時に車のフロアーを濡らしてしまいかねません。

そこで、ガレージのシャッターの下に2cmほどのわずかな段差を設ける事で、雨水に侵入を防ぐようにしました。

ガレージに雨水が侵入しづらくなる

本来は3cmほどあった方がよいのですが、Y様は愛車のバンパーが当たらないか気にされていたため、最低ラインの2cmで抑えるように施工しました。

こうする事で、雨水の侵入が抑えられガレージの床が水浸しにならないようになりました。

車の出入りだけなく、乗り降りも楽になるになるように施工させて頂きました。

解決ポイント3 伸縮門扉から、出入りのしやすいスペースガードに

Y様はガレージを建てる事以外にも、車の出入りのしにくさという問題も抱えられていました。

伸縮門扉とフェンスで出入りがしにくい

この状態では、フェンスとブロック塀が邪魔をして、車の出入りが非常に困難な状態でした。また、例え開口部を広げても、以前とおなじように伸縮門扉にすると問題がでてきます。

どのような問題が出てくるのかというと、まず問題の1つは伸縮門扉が大きくなるため、場所をとられ邪魔になる事です。問題の2つめは、伸縮門扉は閉じた状態で風が吹くと道路にはみ出て、通行の妨げになる恐れがある事です。そして問題の3つ目は、開け閉めがとても面倒であることです。

それを、どのように解決したかというと、スペースガードというポールを使って門扉の代わりになるように解決しました。

スぺ―スガード

こうする事で、門扉が道路にはみ出るという心配もありません。また、ポールは地面に収納できるので、車の出入りも容易になります。スペースガードに鎖をつなげる事で、門扉の代わりにもなってくれるというわけです。

他にも、開口部にコンクリートを敷設することで、雨が降っても敷地内から土等が流れにくくなるようしました。

コメントを残す

*